ウーマン

火災保険の選び方|料金以外に大切なことがある

注意してみるポイント

説明

夫婦で一緒に相談をする

結婚されている方の保険相談は、なるべく夫婦そろって相談をしたほうがよいです。夫だけFPと相談する、妻だけがFPと相談するなど、これではうまくいかないのです。保険や将来のプランのことを考えるわけですから、どちらか一方というわけにはいかず、お互いの保険の保障内容を把握しておかないと無駄な保障になっているかどうかも気づかないのです。そのためいざというときに、配偶者の加入している保険の保障内容が分からずに給付金や保険金が受け取れないというケースもあります。ひとりのことではなくふたりのことですので、夫婦そろって保険相談をすることで、お互いの保障内容も理解できますし、保険相談は将来のことを考えるいい機会にもなります。

お子様のいる家庭は自宅相談もできる

夫婦で保険相談をしたほうがいいのは分かるけれど、夫婦で店舗に行くとなると子どもがまだ幼いので難しいし、相談中に泣いてしまったら他の方にも迷惑がかかってしまうという方の場合は、保険相談の場所をご自宅に指定することができます。ファイナンシャルプランナーがご自宅に訪問してくれます。また、保険相談は加入している保険の保険証券が必要になります。そのため店舗で相談するといっていざ店舗に来店したら保険証券を忘れてきましたとなると、相談ができないからです。そうなると来店よりもご自宅の方が面談場所としては、プライバシーも守れますし適しています。そして、子供が小さいと相談中に泣いてしまうこともありますので、泣き止むまで相談は一時中断することもできます。

火災保険で大切なポイント

自宅の火災保険の業者選びに迷った時は、保険料以外にも注目しましょう。火災保険の保証範囲や料金の変動、また付加サービスがあるかなどを問い合わせて比較すると良いでしょう。

自転車向けの保険

相談を受ける夫婦

現代では、学生に限らず社会人でも多くの方が自転車で通勤していますが、免許が必要無いので中には無謀な運転をして事故を引き起こす場合もあります。その時、高額な賠償金を支払わないとならないケースもあるので自転車向け保険に加入しておくといいでしょう。

Read More..

自分に合うプラン

笑顔の女性

最近では、自動車保険という保険が増えていて、業者によって費用や内容が異なっています。なので、口コミサイトを参考にして他社と比較して、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

Read More..

備えておく

2人の男性

今では入れる保険という、病気の方でも加入できる保険が増えてきています。そして、いつでも見直しをすることができるので、プランを把握し、その時代に合った保険を選び加入するといいでしょう。

Read More..